Everyday life in Denmark

~ Culture,lifestyle in Denmark ~

【スポンサーリンク】

自分らしさを見失ったら、思い出の品を見返すと良い。

f:id:midori000:20190425222222j:plain

 

 

自分らしさって、路頭に迷っている時は

深く思い出せないんですよね。

 

友達に、

『私ってどんな人だっけ?』と聞くのも良い案ですが、

それと同時に効果のある方法が、思い出の品を見返す事

 

私は幸いにも、日記や昔友達に貰った手紙を保管していました。

 

日記を見てみると、

自分は何に興味があって、何をしている時が一番楽しいのか、

または自分はどういう人間だったのかを知る事が出来ます。

 

友達からの手紙を見てみると、

客観的に見られた自分を知る事が出来ます。

そして、何をしている時が一番輝いているのかも。

 

今回友達からの手紙を見返した時に印象深かった言葉は、

【英語の勉強をしたり、

 英語について話している時が一番輝いているよ!】

 

との一言。

 

帰国して、

私自身としても一番やりたい事として挙がったのは、

【英語を勉強したい】ということ。

 

英語という語学にもまだまだ興味がありますし、

英語を使って国際支援に尽力したいという気持ちも強くあります。

 

実際に日常会話で英語に困る事はほぼありませんでしたが、

更に専門的な英語を勉強して、深みを出したい。

 

まだまだ未熟だけれども、

だからこそまだまだ学び続けて、成熟していきたい。

 

自分の知識を高め、

国内外の子供達に明るい未来・可能性を届けられたら。

 

そんな事が出来たら、本望だと感じます。

 

皆さんも、

今自分らしさを見失っていたら、

思い出の品を見返してみて下さい。

 

自分が幸せでなかったら、

周りの大切な人たちを幸せにする事は出来ません。

 

一度きりの人生、

まずは“自分の幸せ” を大事にしていきましょう!