Everyday life in Denmark

~ Culture,lifestyle in Denmark ~

【スポンサーリンク】

ヨーロッパの硬水による肌荒れ...。ズボラな私が発見した、簡単な攻略法3つ!!

f:id:midori000:20190306000956j:plain
 

 

ヨーロッパで受ける洗礼と言えば...肌荒れ】

 

カルシウムやマグネシウムを多く含むヨーロッパの硬水は、

日本の軟水とは大きく異なり、慣れるのに時間を要します

 

1週間程度の滞在では問題ありませんが、

3週間程経つと、段々症状が現れてきます...。

 

私はある日、朝起きると顔が痒く、触ってみると..パサパサ

鏡で見ると乾燥が酷く、謎の透明なブツブツもできている..。

 

“これはマズイ”と思い、その後は急いで処置したのですが、

私はズボラなので、簡単な方法で済ませて治しました。

 

今回は、そんな硬水による肌荒れを予防&改善する方法を

3つご紹介していきます!✅

1. 出来るだけ飲む

 

硬水は日本人には合わないのに、あえて飲むの?! と思った方、

そうです、あえて飲むのです。笑

 

何故なら、

人間の体はその場の環境に慣れていくように作られている為、

どんどん摂取していけば順応していくのです。

 

日本人が軟水に慣れているのは、生まれた時から

軟水を摂取して生活してきたから。

 

その原理を元に、今度は硬水に慣れさせる。

 

デンマークでは水道水も安心して飲めるので、

スーパーで購入する必要はありません!

 

ただ、胃腸が弱い方は飲み過ぎに注意⚠️

硬水に多く含まれているマグネシウムによって、

お腹はより緩みやすくなります。

 

少しずつ摂取する様、心掛けて下さいね!

⒉ 秒で拭き取る

 

シャワーが終わったら、速攻で顔の水分を拭き取って下さい!笑

 

そのまま放置すると、

カルシウムが付着し、パッサパサお肌の原因になります!!!

 

f:id:midori000:20190305212710j:plain

 

上のボトルをご覧下さい👆

 

右のボトルに比べて、左のボトルが白く霞んでいるのが

お分かりになるでしょうか?

 

きちんと洗っても、カルシウムのせいで

この様に白く、パッサパサになってしまうのです...。

 

これが肌の上で起こっていると考えてみて下さい。

秒で拭き取りますよね!!笑

 

放置すればする程、あなたの肌は荒れ狂います!笑

 

シャワーを浴びたらタオルで優しく拭き取り

濃厚なクリームで蓋をして下さいね⭕️

⒊ NIVEAを塗りたくる

 

ズボラな私は、スキンケア商品にあまりこだわりがない方で

ドラッグストアで済ませるタイプです。

 

そこで今回、 

荒れた時に使った商品は、日本から一緒に持ってきたこちら👇

 

 

保湿力=NIVEA 様

パッサパサになった顔に朝から晩まで塗り、

特に夜は、彼に顔白っっっ😂と笑われる程塗りたくりました。笑

 

そして3日後...完治!!👏

 

物価が高いヨーロッパで暮らすとなると、節約したいですよね。

他のブランドを調べて、高級な商品を買う必要はありません!

 

NIVEAは、スーパーでもお買い求め出来ます!

f:id:midori000:20190305214710j:plain

 

250mlで¥730。さすがのNIVEA価格。

 

しかし、海外で売られているNIVEAの成分は日本と異なる様なので、

最初の1ヶ月分( 硬水に慣れるまで )は日本から大缶を持参して

肌を保湿するという方法が1番楽かもしれません!

 

外出用にはこちらのハンディータイプ👇

 

夕方パサついてきたと思ったら、上に重ねればOKです!

まとめ

 

今回は、ズボラ代表から簡単な攻略法3つをお届け致しました。笑

お金を掛けずに、効率良く解決出来る方法になります。

 

NIVEA様には、本当に感謝しております。

 

ただ、保湿力が高い為に感じてしまう

ベタつき感が苦手という方は、当分朝シャンに切り替えて下さい。

夜に塗りたくっても、朝スッキリ洗い落とす事が出来るので。

 

ヨーロッパで困ったら、

是非この方法を試してみて下さいね📝