Everyday life in Denmark

~ Culture,lifestyle in Denmark ~

【スポンサーリンク】

今日で1ヶ月程に渡る寮生活が、終わりを迎えます。。

f:id:midori000:20190301040516j:plain

 

 

 3/1 本日、1ヶ月程住んだこの寮を去ります。

 

たった1ヶ月、されど1ヶ月。

短い様で長い期間の中で感じた事が沢山あったので、

今日はそんな心境を、赤裸々に綴っていきたいと思います。 

住み始める前の心境

 

デンマークに引っ越す前、私は都内で5年間OLをしていました。

学生時代から数えると1年間の寮生活後、7年間の一人暮らし。

完全に一人での生活に慣れきっていました。

 

自分のお部屋で、自分の好きなタイミングで、

ボサボサヘアのまま食事。笑

 

彼が来日する時でもその姿は変わらず。

その完全プライベートな環境が普通になっていました。

 

しかし、寮に住んだらシェアキッチンに壁の薄い部屋。

プライベート感、0。笑

 

そんな自由な暮らしの後の寮暮らしはキツいなあ...。と

ネガティブな気持ちの方が大きくありました。

住み始めの出来事

 

留学経験のない私にとって、

デンマーク人ばかりの寮にいきなり入るのは容易でなく。

 

最初はキッチンに行くのも億劫で、

部屋でなんとか食事を済ませようとした日々も。笑

 

正直、デンマークという国をあまり知らなかった私は、

“彼との結婚の為に引っ越してきた”という感覚。

 

“アメリカが好きで、自分がしたくて、留学をしに来た”

という様な自発的な気持ちとは違うものでした。

 

引っ越し後の、初めてのパーティーがあったある日、

彼が帰宅したのが18時頃で、パーティーの前に

軽くディナーを食べて参加する事に。

 

キッチンに行くと、他のみんなが揃っていて

私達がディナーの準備をしている間、

みんなはデンマーク語で楽しそうに話していました。

 

私はその時、彼らが話している内容が1つも理解できず

急に強い疎外感を感じてしまいました。

 

 

部屋に戻り、ディナーを食べている最中、遂に涙が..。

 

どうしてもパーティーに行く気分にはなれず、

彼に“1人で行って来て。私は頭痛で行けないと伝えて。”と言い

部屋に残ることに。

 

 

しかし少し経つと、なんと2人の女の子が部屋に来てくれ、

“大丈夫?体調が治ったらいつでも参加してね!”と

ハグしてくれたのです。

 

私は単純なので、5分後パーティーに参加。笑

その日は最高に楽しい夜を過ごす事が出来ました。

 

そして、その日を境にキッチンへの抵抗も無くなり、

私の寮生活が本格的に始まったのです。

 寮生活で楽しかった事

 

日常の、キッチンでの何気ない会話も楽しかったのですが、

やはり1番はパーティー!

 

元々パーティー好きというのもあるのですが、

この寮ではデンマーク人だけではなく

ドイツ人、イタリア人、フランス人など

他の国籍の方達も生活しています。

 

音楽を流して、歌って踊って。

色んな人と会話して。

 

国籍関係なく、1つの場所で最高に楽しむ。

 

私はみんな笑顔で、楽しんでいる空間が大好き。

その空間を見ているだけで、

私はより幸せを感じる事が出来るのです。

寮生活で大変だった事

 

プライベートな空間がない事は、大分ストレスになりました。

部屋にいても壁が薄く、廊下の声も普通に聞こえる。笑

 

そして、食事をしに行くのにも

最低限の身なりを整えないといけない。

 

彼と喧嘩をして機嫌が悪くても、

キッチンに行く時はスイッチを切り替え、

笑顔でみんなと会話をしなくてはいけない。

 

誰にも会わずに1人でゆっくりするという日は1日もなく、

狭い部屋で2人で過ごす日々は非常に窮屈なものでした。

 

住む場所があるだけで幸せなのですが、

7年間の一人暮らし後に経験するには大変な事でした。 

最終日の心境

 

1/25から1ヶ月程の生活を終えた今感じるのは、

《この寮生活での経験は、非常に実りあるものであった》という事。

 

私が感じた疎外感は、

彼が将来、日本に住んだ時 間違いなく感じるもの。

 

お互い同じ経験をして、辛い時に寄り添っていく。

それは、国際恋愛/結婚に1番必要な条件だと考えます。

 

 

そして、デンマーク人の生活を肌で感じられた事。

どの様な食事を取り、どの様に暮らしているのか。

 

寮に住んだことで、より多くの人の

ライフスタイルを学ぶ事が出来ました。

 

今日から、今度は彼との2人暮らしが始まります。

デンマーク語の語学学校も、アルバイトも始めていく予定です。

 

1日1日を楽しみながら、

苦しい事も乗り越え、まだまだ学んでいきたいと思います!