Everyday life in Denmark

~ Culture,lifestyle in Denmark ~

【スポンサーリンク】

【海外での寮生活】デンマークの寮に住んでみて分かった、5つの実態とは?!

f:id:midori000:20190221005955j:plain

 

 

こんにちは!

 

皆さん、寮生活の経験はありますか?

私は19歳の頃、1年間だけ寮に住んだ事があります。

 

色んなお友達が出来て、

寮生活だから楽しめるという事も多くありますよね!

 

そして現在の住んでいる所も、デンマークの寮🏡

元々彼が住んでいた場所で、アパートへ引っ越すまで暮らす予定です。

 

 

現在3週間程経ち、

海外ならではの様々な生活模様が見えてきたので、

今回は “ 5つの寮事情” をご紹介していきたいと思います!

 

 

 1. 週末はPARTY  

f:id:midori000:20190221015436j:plain

 

今住んでいる寮は、キッチンが共有。

( キッチンの詳しい解説はこちら👇)

 

www.midori-denmark.com

 

シェアメイト達 (計15名) とのキッチンパーティーが、

ほぼ毎週末開催されています。

 

各自でディナーを食べ、時間になったらキッチンに集合。

開始時間はだいたい18時過ぎ。

 

お酒を交わしながらゲームをしたり、

音楽を流して歌って、踊って楽しみます。

 

中にはパーティーが苦手な人もいるので

全員が集まる事は中々ありません

 

20時頃になると敷地内のバーに移動し、

また音楽の中で踊ったり、ソファで話したり。

 

他のキッチンの友達も交え、気付けば

いつのまにか大勢になっています。

  

朝方まで大音量が鳴り響くのは、毎週の事。。

 

 

 

⒉ 洗濯機・乾燥機もシェア

f:id:midori000:20190221022523j:plain

 

寮の地下に洗濯機・乾燥機があり、

キッチン同様シェアで、男女共に同じ部屋を使います。

 

料金は、洗濯機・乾燥機共にそれぞれ1回 ¥160

住居人数に対して機械数が少ないので、

空いている時間を狙わないと全て埋まっている事も。。

 

 

 

⒊  床が濡れるユニットバス

f:id:midori000:20190221024512j:plain

 

上の写真の様な綺麗さはないですが、笑

シャワー部分の床のフラットさはこの様な感じ。

 

バスルーム自体が狭く、バスタブがないので

シャワーカーテンがあってもあまり意味がない。。

 

乾くのにも時間が掛かるので、

シャワー後に洗面台を使うと、再度足が濡れる始末。。

 

濡れた床が苦手な、多少潔癖な私は毎回顔が引きつります。笑

 

 

私は身長が高くないのでまだ余裕がありますが、

デンマーク人は身長が高く、ガタイが大きい方が多くいます。

 

『 その人達は何で他のアパートに住まなかったのだろう 』と

疑問に思ったのですが、本人達にとって

“ シャワーを浴びる事=汗を流すだけの行為” だそうで。

 

日本人の様にバスタイムを楽しむという価値観はないので、

お値段が安いお部屋というだけで満足だそうです。。

 

 

 

⒋ カップルが多い

f:id:midori000:20190221033450j:plain

 

デンマークでは、女子同士でのグループというのがなく、

男女MIXのグループが基本。

 

その分すぐに仲良くなり、恋愛に発展する事が多いのです。

 

元々『1人で住むから狭くても安いお部屋で良い』と

寮に入って来た人達ですが、カップルになり、

『やはり寮では狭いから同棲しよう』と出ていく人も沢山います。 

 

  

⒌ 物を無駄にしない

f:id:midori000:20190221030655j:plain

 

デンマークでは、セカンドハンドショップと呼ばれる、

日本でいう “中古屋さん” が大人気。

 

物を大事にする精神が強く、簡単に物を捨てません

 

寮のキッチンにも、

扉を開けるプッシュボタンが壊れた電子レンジがあるのですが、

『温める機能は普通に使えるから』とみんな自然に使っています。

 

少し壊れたり、見た目が悪くなっても全く気にしないのです。

 

 

そして、不要になった物は必要な人に譲る事も。

共有玄関の側にあるスペースには、

椅子やテーブル、ハンガーなどが置いてあります。

 

必要な人は、そこから自由に取って行って良いシステムです。

 

 

そのシステムはキッチン内でも。

 

『 新製品のチョコレートを買ったけれども、甘すぎて好みでない。』

気に入らなかったら、テーブルの上に置いておくのです。

《自由に食べてね》というメモと共に。

 

物を有益に消費していく姿は、見ていて素敵だなと感じます。

あげる方も、貰う方も温かい気持ちになりますね。

 

 

 

 

以上、5つの寮事情でした!

 

寮生活はお値段が安い分、勿論マイナス面もあります。

ですが、この寮に住んで学んだ素敵な価値観も沢山あります!

 

留学で海外に住む際、

あえて寮生活をしてみるのも良いかもしれませんね。💗