Everyday life in Denmark

~ Culture,lifestyle in Denmark ~

【スポンサーリンク】

短期同棲、、果たしてどうなる?! 

f:id:midori000:20190208063544j:plain

 

 

こんにちは。

 

今回のテーマは国際恋愛体験談 第4弾、

“ 2か月間の短期同棲について ”

 

前記事はこちら 👇

  

www.midori-denmark.com

  

www.midori-denmark.com

  

www.midori-denmark.com

 

 

もう会わないだろうと思っていた人との

まさかのお付き合いスタート⇨短期同棲。

 

急な展開でしたが、やはり再会すると

この人とは一緒にいるべきだなと感じ

新生活に不安はありませんでした。

 

 

そう、最初は、、、。

  

f:id:midori000:20190208072807j:plain

 

私は当時OLだったので、平日週5で働いており。

(勤務時間は9時〜17時と都内の割には短時間でしたが)

 

 

彼は日中 1人で観光に出掛けたり、

家事をしたり。笑

 

早起きが大の苦手な私を起こし、

駅まで送ってくれ、

帰りも駅まで迎えに来てくれました。

 

 

帰宅途中には駅前のスーパーに寄り、

食材を買って帰宅後調理。

 

休日は色んな場所へデートに。

 

彼が外国人だからと言って文化の違い等で喧嘩する事もなく

仲良く暮らしていました。

 

 

そんな平凡な生活を送っていたのですが、

私の体は裏でいつの間にか限界を迎えていたみたいで。。

 

 

ある朝起きると、全身が痛くだるい。。

そして体が熱い気がする。。

 

 

熱を測ってみると、、39.4℃ !!?!

 

 

私は基本風邪は引いても熱は出ず、

最後に熱が出たのは小学生の頃位なのですが。。

 

f:id:midori000:20190208083208j:plain

 

実は私はその当時、一人暮らし歴5年目。

  

1人で自由に暮らす生活に慣れ過ぎて、

人と暮らすのが苦痛に。。笑

 

仕事で疲れていても

一緒に遊びに行けるのが休日だけだからと

無理して外出したり。

 

 

自分1人だけの時は

スーパーのお惣菜 or 簡単な自炊だったのが

帰宅後毎日自炊したり。

 

 

限られた時間だから多少は無理してでも

思い出を作らないと!と思っていたのが仇となり

遂に体が音を上げてしまったのです。笑

 

 

病院で点滴を受け、

治るまでは彼が看病してくれました。

 

 

それから数日後、私の様子を見かねた彼から一言。

 

一旦君は一人でゆっくりする時間が必要だから

  僕はオーストラリアに行ってくるね。

 

f:id:midori000:20190208091217j:plain

 

うん、ありがとう。非常に助かる。笑

 

そこから彼はまた一旦日本を離れ、、

     ⬇︎

  3週間後、再来日。笑

 

 

しかしその後は少しずつ適度なペースを掴み

同棲に慣れていきました。

 

そんなある日

私達は彼の今後の話に。

 

 

:こんな事言うのは凄く早いと思うけど、

  将来君と結婚したいと思ってる。

 

:でも結婚するなら、日本に住んでもらいたい。

  それが不可能なら別れるしかない。

 

:分かった。日本に住む。

  そしたら日本で通用する仕事を見つける為に、

  これからデンマークに戻って勉強する。

  そこで必要な科目を取って、大学に行く。

  

 

再来日から3週間後

彼は世界一周を終えデンマークに戻る事になりました。

 

 

短期同棲から、今度は急に

日本とデンマークの遠距離がスタートしたのでした。。

 

 

--- 次回の記事 ▽ ----------

|  遠距離期間のエピソード    |

---------------------------